スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビルドに微妙な修正&ニコ生イベントのつづき


シップリビルドに修正来ました!


-04895pwy890987gh.jpg


この情報については皆様はもう、周知の事と思われますが・・

本日23日のメンテにてついに!!

リビルドの修正が行われた模様でございますよ。







042313 182120


コレでもまぁ、ちょっと遅すぎた感じはあるって言えばあるんですが

来ない事を思えばまだマシです。

工芸の書で生産も可能になっています。

ただ、大型全体設計図を作成するのに部分設計100枚とか

全く新しい交易品なんかで作成出来る物ではありません。

ま、コレは仕方がないですね。

交易品で作れちゃうと作れすぎてしまいますし。





まぁ、修正の内容などなど・・私も目を通したのですけど

要望の多かった所をピンポイントで調整しただけって感じです。

ただそれでも今回の修正は必要。だって今までのままならば

作り直しや新たな大型船の新船開発などやれた物ではなかったワケです。

もちろん、お金さえあればいつでもチャレンジが出来るワケですけど

あれだけのG単位の大金をつぎ込んでのあの空しい作業ですから。

しかも出来るか出来ないかを完全に運にまかせ、失敗しても確立変わってナーイ

まるで何万円もつぎ込んで、祈る様に競馬の1チャンスに賭ける様な心境じゃないですか。

とても造船してる感覚とは違うんじゃないですか・・



まぁ・・その部分は改良されてないんですけど 汗

ただ失敗した後の、失望感はいくらか和らぐんじゃないでしょうかね。。



後は、設計図の入手経路の多様性も個人的にはあって欲しかったんですけどね。



国家貢献勲記200枚→全体設計図??枚交換

投資の報酬:1G投資→全体設計図??枚交換

フィレンツェ生産(交易品で作れるヴァージョン)

冒険レアクエの報酬etc..






設計図の様な誰にとっても希少なアイテムの登場は

ゲーム全体を需要の渦に巻き込むチャンスと思いますけどね。

そしてコレに+して、fs強化の回数が撤廃されれば最高なんですけどねぇ。










例えばですよ!






船が完成して・・







もう少し旋回値が欲しかった!!><となった場合にも

全体設計図を何枚か使って強化回数が上限でももう一回強化出来るようにするのです。






その代わり!!





強化回数上限の船に使用する場合、船素材の性能が激変します。



例えば舫綱(もやいつな)は平常時ならば旋回+2~4ですが

強化回数上限の船に使用すると、-2~+2に変化します!!

2つ使うとー4~+4になります(゚Д゚;)

しかも全般的に外れる可能性の方が少し高い!!:(;゙゚'ω゚'):

でも、全体設計図があれば何回でもチャレンジ可能なのです。(30枚位)





042313 193136


その強化回数上限後の強化も、例えばですけど・・

こんな風に成功率が異なります。

MAXを狙おうとすると、リビルドでいう成功率1%の船を一発で成功させるより

難しい確立で、大抵は下がってしまうので普通の人なら決して触らない位のバランスね。

でも当たるとものすごいレア船になるかも!

(ただ、元々の強化値が低い場合でも成功率は決して高いワケじゃない)





これでトコトン強化出来るようになるじゃないですか・・

コレやってくださいよ~

ま、自分で書いといてなんですが超メンドくさそうですね。















ニコ生イベントの続き



0o87gqo78g6865ukkkk.jpg


↑このキャラも、公開はされてるのに・・ドコにいるんだ??

と、ずっと疑問に思ってましたけどね。

次のスウェーデン王国というまさにスットコのあの辺ですね。

あそこがNPC国家になるみたいで、そこで登場する様です。

しかし私、ずっと思う事があるんですが・・

まぁ・・自分がただ分かってないだけなのかも知れないんですが

プレイヤーが所属出来ないNPC国家を増やすメリットってなんなんです・・??

いまだNPC国家の存在する意味が全く分かっていない自分・・ 汗



ワールドクロックとか・・あの辺に関わりがあるのかなぁ・・


まぁ歴史的事件とかクロックとか、今まで完全にスルーしてる私には分からないですね・・

きっと、これからも分からないんでしょうねぇ・・ 汗








 ●通常の大海戦でも、交戦国以外のプレイヤーキャラクターが傭兵として参加可能に


コレも衝撃でしたね!!

ああ・・ついにきたか~って思いました。

まぁ現実じゃ・・とてもじゃないけどありえない話になってきますが・・



こういうのって、現実として考えた場合どうなんだろう。

大体普通なら、自分の国籍を隠さないと戦えたもんじゃないでしょう。

ヘタしたら自国同士の衝突だって起こりうる話ですから。。



でも、もっと現実的な話をするならば

海戦時に選ばれなかった国の軍人がつまらない思いをするから

とにかく戦わせろって話ですね分かります。

まーコレはコレで軍人が楽しくなっていいんですが・・

国という枠組みが、コレでさらに希薄になっていきそうですね。



ま、この手のゲームなんかは滅亡という概念がないですから

至極当然の流れなのかなぁとも思いますけど。




でわでわ


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Auld Lang Syne

今までご愛読

ありがとうございました(-人-)

メインプロフィール

エリィ

ネーム:エリィ
国籍:ポルトガル
サーバー:エウロス

ポルトガルの軍人。
陸戦、洋上戦、なんでもアリの
対人戦闘メイン。
レア収奪や調理もこなしますb

ネーム:ヴィエルジェ
国籍:イングランド
サーバー:エウロス

もう一人のエリィ。
縫製、工芸、鋳造、造船と
幅広くこなす。
生粋の生産職人。
戦闘はちょっと苦手。

記事表示
全タイトルを表示
カテゴリー
最近の記事&コメント
つぶやき
リンク


QRコード
QRコード
月別アーカイブ
らんきんぐ

蒼色時代は大航海ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

押してね♪

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。