スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【歴史的事件】セウタ防衛戦!! ①


ポルトガル軍、戦略的劣勢の立場へ


020813 194114



主戦国、イスパニア対ポルトガルの世紀の一戦が幕を開けました!!

この一大決戦、そして今回は歴史的事件による独自のシステムがここエウロスにて

ようやく動き始めます・・。



そう・・その独自の要素こそこの傭兵システム。

この傭兵システムが今回の戦いにおいて、どのような影響を及ぼす事となるのか・・ 汗

これは誰しもが気になる事ではないかなぁと・・そう思います。




020813 194712


もちろん、その事に関しましては我がエリィ家にとっても気になる所でございます。

一言で言ってしまえばですね、自分の好きな国につけるワケです。

そう・・BCと同じなんですね。

特に初めての傭兵システム・・という事であれば、戦力差などの懸念もなく

各々が好きな陣営を選んでいく事と思われます。



私達ポルトガル海軍と致しましても、今日の海戦までの短い期間

やれるだろう事はやってきた・・そんな感じがします。

会議の後でも、支援バザーや呼びかけも方々で行われていたようですし

ポルトガルの精鋭が集まるLCV艦隊なども、今回の海戦に備えて

艦隊の編成が行われておりました。





020813 202223


モチロン、今回もエリィ家はポルトガルの為・・

そしてポルトガル王立艦隊としての誇りを胸に!!

そうです・・ここセウタの港を颯爽と後にしたワケであります・・



今回の艦隊は、旗の上手な方が高熱の為参戦を見送られた事や

主要メンバーが集まらなかったなどといった所もあり、

私なんかは野良ですからどうする事も出来ないんですが・・

そのように、イキナリ出足を挫かれた・・その様な状況もありました。








020813 220258



けれども、ポルトガルの有志達はいてくれた!!

なんとか、私達の艦隊に数名が来てくれる事となりまして!

小型は9名での出撃だったのですが、中型からは10名揃っての安心の出撃となりました!













しかし・・








・・海の上では、序盤からの劣勢ムードがそこかしこから漂っていました。

どう控えめに見ても少ないんですね、味方が。

セウタの周りには、常に複数の敵艦隊の包囲網が張り巡らされており

ヴィエルジェの所属していた艦隊も終始、敵要塞攻撃艦隊の妨害または

セウタに向かう敵艦隊の補足、足止めなどに時間を費やしました。







その時の一コマ↓↓




↑↑HD画質で見れます(1080p)


・・なんていうか、同国同士でぶつかり合う場面がなんとも海戦らしくないです・・

どうにも敵味方の区別も難しく、何度も混乱した感じです・・ 汗





kfkfuy.jpg


私も、いつもよりずっと多く沈められてしまいました 涙

8割以上は小型でやられました・・



小型すごいヘタなんで!!。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)




どうもあの・・チョコチョコした感じがねぇ・・ 汗

可愛いのはイイんだけどねぇ・・











しかしそれ以上に衝撃なのがコチラ。



020813 230128


・・コレだけの・・コレだけの大差をつけられてしまいました・・ 汗

ココまで差が開いてしまうとね、もうこれから巻き返すのはほぼ不可能でしょう。








けれども、今まで私はその不可能に挑戦してきた!!




そう・・それこそが、エリィ家の生き様なのです・・。

ぬっ殺されては起き上がり、海底に沈められては浮き上がってきたのです!!




やめる訳にはいかない・・ 汗

七転び八起き・・

そう・・ポルトガルに戦う力が残っている限り・・私は・・私は・・っっ!!





020813 224939




そして・・戦いは中盤戦へ・・





でわでわ



スポンサーサイト

この記事へのコメント

- ボーケン - 2013年02月09日 22:53:35

こんばんはー



この前Boreasでこの海戦があったときは初日はポルトガル軍の圧勝でしたねぇ…私はイスパ側に参戦してましたがバレンシア・バルセロナ・パルマの要塞が全部落とされたりして…ビックリしたものです。


2日目以降は戦力が拮抗してほとんど差がなく最終的にはポルトガル軍の辛勝という結果だったと思います。



ご健闘を祈ります!

ボーケンさん - エリィ - 2013年02月10日 16:40:20

こんばんわ!!


ポルトガルの圧勝・・だったのですか!!
それはまた・・うらやま・・ゲフンゲフン

Eurosでは、なんといいますか・・ポルトガル軍も周りを見ていますと本当に
活動的でですね、仲間も積極的に勧誘しましょう!とか支援だってしっかりしてますし。
けれども、どうも集まりが良くないのです。

これは関係ないのかもしれませんけど、BCでもポルトガル軍がターンだった時にですね
・・集まらないんですよ・・相手側はすぐ満員になるのに。
そんな事で昔のポルトガルは、軍人の数も大勢いたのですが最近は・・ 汗

とにかく数不利な状況が恒久的に続いている・・そんな印象なのです。
だから、一つの砦を崩すにも綿密に戦略を立てないことには始まらないワケなのです。


最終戦・・がんばります!!

トラックバック

URL :

Auld Lang Syne

今までご愛読

ありがとうございました(-人-)

メインプロフィール

エリィ

ネーム:エリィ
国籍:ポルトガル
サーバー:エウロス

ポルトガルの軍人。
陸戦、洋上戦、なんでもアリの
対人戦闘メイン。
レア収奪や調理もこなしますb

ネーム:ヴィエルジェ
国籍:イングランド
サーバー:エウロス

もう一人のエリィ。
縫製、工芸、鋳造、造船と
幅広くこなす。
生粋の生産職人。
戦闘はちょっと苦手。

記事表示
全タイトルを表示
カテゴリー
最近の記事&コメント
つぶやき
リンク


QRコード
QRコード
月別アーカイブ
らんきんぐ

蒼色時代は大航海ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

押してね♪

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。