スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第77回大海戦迫る!!  ~勝手にストーリー作るな編~

開戦の時、迫る。


fuy7.jpg


第77回、ポルトガル軍対イングランド軍の衝突!

敵国同盟港、ラスパルマスを巡っての攻防が再び繰り広げられる!!




そう・・あれは12月の初旬の頃であったろうか・・

記録では75回目の海戦記録となる・・

敵国イングランドによる宣戦布告、そして時を待たずしてカナリア沖への

侵攻が決定的となり、ポルトガル全土は奮えた。


連盟2国と共に戦線に立つポルトガル!

対しては列強イングランド!



ポルトガルもイングランドも分かっていたのだ。。

戦いは避けられないという事を。

そう、武力に限らず常に国家間の対立は日増しに大きくなる一方であり、

その外交上の影響から、イングランドへの敵愾心は多くの民衆をも動かした。





皆で武器を手に取り、戦うのだ!!・・と。












海戦_1~1



国全体は湧き上がり、それは国の主力である王立艦隊を動かすきっかけとなる。

その動きを察知したイングランドは士気高揚したポルトガルの結束を恐れ、

軍備固まる前に仕掛ける事により、早期決着を狙っての宣戦布告を敢行。

そう・・これこそ先の戦いであるアルギン攻防戦。



ここでの列強イングランド海軍による猛攻に対しても

多くの連盟国を味方につける事で戦略的優位を図ったポルトガルは、狙い通り

力負けする事なく、またポルトガル海軍は自国の領地であるマディラの危機をも

海軍力によって制する事に成功したのだ。


もちろん、敵の攻撃を食いとどめるに終始したポルトガル海軍は

完全にイングランド軍を制圧出来たワケではないが、

あの強大な海軍力を有したイングランド軍の攻撃に対して、完全防衛を成し遂げられた事に対し、

ポルトガルは大いに沸いた。



しかし、イングランドの海軍力に関しては今なお未知数な部分が多い。

このアルギン攻防戦に関して記録を紐解いてみても、詳細な敵艦隊数の把握すら

おぼつかない状況なのだ。

しかし、完全防衛を成し遂げたポルトガルの高揚は収まる事を知らず

これにて戦争終結を良しとはしなかった。



今現在ラスパルマスは、そのシェアの多くをイングランドが保有している。

ポルトガルはここに目をつけ、この度反撃に講じたのである・・。

・・理性的判断とは言い難いと、反感を持つポルトガル民も中にはいたが

多くの賛成意見により、その声はもみ消された。








・・運命の25日、




悲劇・・再び。












一方、エリィ家では・・











来る列強イングランドとの死闘に備え、軍備の強化を図っていた。

その中でも特に重要とされるのが

「艦隊の構築」

である。


そう・・ここで命運が分かれると言っても過言ではないだろう・・ 汗

戦いはすでに始まっている・・

勝敗を決める要素とは、このような軍備を整える中での小さな判断の中にこそ!

その答えの行方は存在しているのである・・ 汗汗




エリィ家ではこの艦隊の構築を進める中、一つの希望を持ち続けていた。



・・それは、先の外交によって決定された



オスマントルコ軍との連盟。


これがエリィ家の命運を分けたのである・・!!

オスマントルコ軍との連盟・・それはある一人の戦友を

エリィ家へと招く事につながっていった・・













012213 215034


点と線はつながった・・

オスマンの名士、もんもん。

エリィ家そしてもんもんは共に手を組み、そして命を賭ける事を

ここリスボンの地にて、誓い合うのであった・・


















エリィ、底模擬を再開!


012313 005308


エリプロ!から暫くが経ち、再び落ち着きを取り戻しつつあるエリィ家。

そんな中、エリィは一人いつもの様に街角で立ったまま寝落ち寸前となっていた。








すると突然、「ピンポーン」


「はーいー」

とばかりにビックリして起きて、思わずポチすると

艦隊に編入されていた。




模擬の中でもかなりの腕を持つくーらーさん。

そのくーらーさんに誘われました!






012213 225511


とても強いメンバーが揃っているのが容易に分かります。

しかし私はと言うと、結構不調でした。



8t7ror8.jpg


やってみた感想としては、随分と判断に迷って後手後手になる印象でした。

もっと、「自分はインファイター!」と決め込んで動いた方がまだ

直感の鈍りもなかっただろうと思いました。

優柔不断が招いた悲劇・・って感じですね。


この辺、しっかりと役割を見極めて動けなければ

野良としてはやっていけません。



後、アホ沈もしたし。



ま、そんな事でまたエリィは模擬生活がんばりましょー





でわでわ




スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Auld Lang Syne

今までご愛読

ありがとうございました(-人-)

メインプロフィール

エリィ

ネーム:エリィ
国籍:ポルトガル
サーバー:エウロス

ポルトガルの軍人。
陸戦、洋上戦、なんでもアリの
対人戦闘メイン。
レア収奪や調理もこなしますb

ネーム:ヴィエルジェ
国籍:イングランド
サーバー:エウロス

もう一人のエリィ。
縫製、工芸、鋳造、造船と
幅広くこなす。
生粋の生産職人。
戦闘はちょっと苦手。

記事表示
全タイトルを表示
カテゴリー
最近の記事&コメント
つぶやき
リンク


QRコード
QRコード
月別アーカイブ
らんきんぐ

蒼色時代は大航海ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

押してね♪

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。