スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長き沈黙を破り・・宣戦布告!!

ついに・・



ポルトガルがイスパニアに宣戦布告!


797979.png


先のディリ攻防戦から約2ヶ月。

熾烈な戦いを演じた両国。


その後も長きに渡る各国との冷戦状態は続き、

方々ではやむ事のない投資戦が火花を散らし続け、小競り合いの耐えない関係が続いた・・。


およそ平和とは言えない一触即発の空気の中、

ついにはポルトガルがその口火を切ったのであーる!!



そんなワケで、前回同様ポルトガル対イスパニアの戦いが幕を開けようとしています。

先の海戦では圧倒的な兵力の差を持ってポルトガルの勝利と相成りましたノ

ポルトガルにとってこれは快挙!といえますね!


もちろん、連盟国の存在が非常に大きいという事も忘れてはならない重要なポイントです。


uyguyuotfyuo.jpg
↑前回のディリ攻防戦の様子


もちろん、今回の海戦においてもそれは変わらぬ事でございます。

仮に、

ポルトガルにフランスが付き、イスパニアにはヴェネオスマン


こういった図式となった場合は、力は十分に結抗して来ると思います!

ヴェネには紅華、オスマンにはシュラさんもいますね~

当然、こちらも本腰入れないと中々勝てない相手だと思いますよ~。


ま、私の様な軍人からしてみれば・・


血沸き肉踊る!

そんな魅力的展開である事は言わずとも知れた事ですがー 汗





まぁその、問題の軍人の頭数についてですけどね。

コレばかりはねー、ホントに予測が付きにくいですよ?


例えば、艦隊戦を知り尽くしたツワモノであっても海戦に参加しないというケースもあります。

反対にBCや大海戦に積極的な人でも模擬戦には興味のない人。

100人出れる人がいても100人出動するとは、言い切れない部分がありますからね。

800px-C_C__van_Wieringen_The_Spanish_Armada_off_the_English_coast.jpg


ちなみに私の場合、頻繁に模擬戦をやったり大会に出たり、

海戦に関してはかなりアクティブに活動している部類に入ると思いますが、

元々の模擬戦参入の動機っていうのが、


海戦でもっと戦果を上げたい!!

というのが、本当の動機なのです。

ま、いつしか比重が海戦よりも大会寄り・・といった感じになっていますが、

それでも、そういった海戦への意識というのは今でも持ち続けているワケです。



で、

ポルトガル宣戦布告、まだ本日発令したばかり。

連盟国の事も心配の種ではありますが、

今は攻略港について考えていかねばなりませんね。


100312 210523

やはり、選択できる港の中でもいかに近い場所&戦いやすい場所を選ぶかですねー。


遠くなる=艦隊数が減る。


ま、それは相手も同じでしょうけど有効に作戦を遂行しようと思ったら、

やはり艦隊数は多い方が有利なのです。


これが、遠方であり艦隊数も低迷していればやろうと思った事が出来なかったり

すると思うんですね。


あとほら、遠いと・・メンドクサイじゃんb








改良トップローヤルスル×3で底模擬!


先日はぶいんぶいんしたくて、ついついやっちゃいました!


そんなワケで今回は旗をやらせてもらって、うまく外周から敵を錯乱させる大作戦!

全画面キャプチャ 20121003 05427

でも、全体のバランス的にはまとまりが出来なかったので、

その辺も含めてしっかりとメンバーを誘導する感じで責めていけたらなぁと思いました。


全画面キャプチャ 20121003 05732

しかし、状況によってはあっけなくインに入ってしまう事も多くあり、

それが原因で沈む事もあったり (それじゃスピードどころじゃないわ・・

もちろんどんな状況でも味方の手の届く範囲でなら幾らでも起死回生のチャンスはあるものですが、


その辺の全体の距離感、敵との距離間、

この辺の感覚をもう少し研ぎ澄ましてやっていけたらと思います。


全画面キャプチャ 20121003 05934

慣れてる相手は的確に当ててくるので、操船やfff支援など当然のごとく的確に行います。

まぁ、スキルキャンセルのタイミングがまた変わってしまい、

再び違和感がすごいですが・・まぁ遅くなるよりはいいですけどね・・。


今度は速すぎるんじゃないかいww

・・もしかしたら修正の要望が殺到して

コーエーさん逆切れナナメ上修正なんじゃ・・

8787878.png


なんだかんだ言っても・・やっぱり改良トップは速度速かったです。

ちゃんと体感出来るほどにね!


ただ・・やっぱり一回の底模擬で耐久10以上は削れるみたいなので常時つけっぱはやっぱりキツいか・・


今日も付けてやってみるけどね、速度あればそれだけ操船の技術も要するって事で。

気をつけまっしょいb


でわでわノ


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Auld Lang Syne

今までご愛読

ありがとうございました(-人-)

メインプロフィール

エリィ

ネーム:エリィ
国籍:ポルトガル
サーバー:エウロス

ポルトガルの軍人。
陸戦、洋上戦、なんでもアリの
対人戦闘メイン。
レア収奪や調理もこなしますb

ネーム:ヴィエルジェ
国籍:イングランド
サーバー:エウロス

もう一人のエリィ。
縫製、工芸、鋳造、造船と
幅広くこなす。
生粋の生産職人。
戦闘はちょっと苦手。

記事表示
全タイトルを表示
カテゴリー
最近の記事&コメント
つぶやき
リンク


QRコード
QRコード
月別アーカイブ
らんきんぐ

蒼色時代は大航海ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

押してね♪

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。